Hファクターの利用者の口コミは?

最近医療ファクタリングについて調べているとよく出てくる「Hファクター」

ファクタリング会社の中でも珍しく診療報酬を専門に取り扱う、つまり医療専門のファクタリング会社となります。

従来ファクタリング会社のほとんどは一般業種のファクタリングをメインに行って、診療報酬ファクタリングの場合はほとんどがおまけのようなものだったにもかかわらず、Hファクターはその診療報酬専門ということです。

今回このHファクターについていろいろ調べてみました。

Hファクターのファクタリングを利用する前にぜひどんなサービスがあるか?信用できる会社か?ということを確認してみてくださいね。

そもそも「ファクタリング」ってなに?

ファクタリングとは本来数か月後に支払われるはずの売掛金を今すぐ現金化できるサービスです。

最近は経済産業省もこのファクタリングをはじめとした債権を活用した資金調達を推奨しており、ご存知の方も多いかもじれません。

つまり本来であれば数か月後にお金が入る予定の「債権」を今すぐ現金化することでキャッシュフローの改善を目的としたサービスなのです。

このファクタリングのメリットは資金調達が速く、不動産などの担保がなくても利用できるなど大きなメリットがある反面、法整備が遅れており、一部のファクタリング会社は手数料が非常に高く設定してあったりしたため、一部の業種の方はファクタリングに対してあまり良い印象を持ってないという話も聞きます。

たしかにファクタリングのメリットとして担保がいらず、信用情報に影響しない、さらに信用情報に問題のある人(いわゆる融資の延滞や遅れなど)が利用しても審査はほとんど受かってしまうからです。

なので一部のファクタリングを行う会社の中には資金繰りが厳しいことを知って、手数料を高く設定する会社もあるのです。

手数料の安い診療報酬債権

しかしお医者さんをはじめとした医療機関や介護事業者などの「診療報酬債権」の場合そのような心配はなく、優良債権として取り扱われるので、手数料は非常に安くなります。

一般のファクタリングの手数料が3%から8%程度なのに対して、診療報酬債権を使ったファクタリングは1.5%~5%程度が一般的です。

つまり、診療報酬債権を扱える医療機関、歯科医、介護事業者、調剤薬局の場合一般の会社よりも安い手数料でファクタリングが出来てしまうのです。

とはいえ診療報酬債権を扱ってる会社の多くは扱いにそこまで慣れてなかったり、診療報酬債権だからといって特別手数料が安いわけではありません。

そのような心配がないのが診療報酬債権専門のHファクターです。

Hファクターの手数料は1%以下?

ファクタリングをする上で知っておかなければいけないのは手数料、銀行の融資の場合は利息が銀行の利益となりますが、ファクタリングの場合は手数料がファクタリング会社の利益となります。

このファクタリング手数料はファクタリング会社によってバラバラですが診療報酬債権の場合安くなることが多く、3%~8%程度と言われています。

そして肝心のHファクターの手数料は1.5%からと最も安い手数料になります、これは他のファクタリング会社が3~8%程度からということを考えるとHファクターの手数料はかなり安いといえます。

しかもこれは一般的な金額の場合においてですが、大口の場合(8000万円以上)になるとさらに手数料は安くなり、0.95%から可能ということです。

1%を切る手数料という安さ、これはファクタリング業界でもトップクラスの手数料の安さといえますね。

なぜここまで安くできるのかというのは後ほど述べますが、診療報酬ファクタリング専門の会社は様々なメリットがあるのです。

経営者にとってこれはかなりうれしい情報ですね。

Hファクターの調達可能額

Hファクターは一般の診療所や介護事業者だけでなく、大手の病院からも利用が多いファクタリング会社ですが、その理由は先ほどのように手数料が安いこと、そして大口の資金調達も可能ということだからです。

Hファクターの最大利用額は5億円ということでかなり大口の金額も可能とするファクタリング会社はそうそうありません。
一般的なファクタリング会社は3000万円~5000万円程度なのでHファクターがいかに大きな資金調達が可能かということがわかるかと思います。

Hファクターの強みは?

Hファクターの強みは先ほどの手数料の安さですが、実は診療報酬債権を専門に扱うということは他にもメリットが多いのです。

その一つが会社の信頼度が高いということ。

どういうことかというとファクタリング会社の中には実は倒産リスクを抱えてる会社も多いのです。

というのも一般のファクタリングは売掛金の支払い先は「一般企業」であり、当然倒産リスクはつきものです。

ファクタリング会社としてはファクタリング契約としてファクタリングを利用した会社にすでにお金を支払ってあとから売掛先より支払われるお金をもらうわけですからね。

このようにファクタリングの会社の中には倒産リスクを常に抱えてる会社も多いのですがHファクターについてはこの心配がないのです。

というのもHファクターが扱う診療報酬債権は売掛先は健保や社保という言ってみれば公共機関、公共機関が支払わない、倒産するなんてことは絶対にありえないので倒産リスクが極端に少ないのです。

Hファクターの特徴まとめ

つまりHファクターは診療報酬債権のみを扱う診療報酬債権ということで

  • 手数料が安い
  • 調達可能額が大きい
  • 経営が一般的なファクタリング会社とくらべ安定してる

という特徴があります。

診療報酬債権を扱うことができる医療機関や介護事業者の方のためのお得なファクタリング会社と言えますね。

大手の病院がHファクターを利用する理由とは?

診療報酬債権でファクタリングする場合、一般のファクタリングよりも手数料が安いものの、一般のファクタリング会社より倒産リスクが低く、安定してるという強みがあります。

Hファクターはその点取引先として安心できるというファクタリング契約において絶対的なメリットがあるのです。

ですのでHファクターの利用者は一般的な診療所だけでなく大手の介護事業者や病院なども多く利用しています。

安定しており信頼できる会社だからこそ億単位の資金調達を可能とし、さらに手数料の低いという大きなメリットがあるのです。

Hファクターの利用者の声

歯科医院経営 Bさま

診療所が近くにできて、結果として患者さんが減り、一時的にファクタリングを検討しましたが、どこのファクタリング会社も電話の段階であまり良い印象がなく、利用をあきらめていた時にHファクターさんを知り合いの医師から紹介してもらいました。

診療報酬債権専門ということでトラブルもなく、審査もすんなり通り、すぐに資金を調達できました。やはり診療報酬債権専門ということで安心感もあり、その後も何度かお世話になりました。

経営も今はだいぶ改善され、一時期離れていた患者も増え、ようやく安定してきました。 大変お世話になりました。

 

診療所経営 斎藤さま

古い診療所の建て替えをしたいと思い、銀行に行きましたが思ったより融資が出来た金額が少なく、困っていた際にHファクターさんを利用しました。ファクタリングについては全く知らなかったのですが、簡単に資金調達ができるということでいろいろ調べていた際にHファクターさんの存在を知りました。

すぐに資金ができたので助かりました。ファクタリングは初めてだったので心配でしたがこんなに簡単なの?という感じですぐに資金が用意できました。

また利用したいと思います。

 

介護事業所運営 白坂さま

ファクタリングについてあまり良い印象がなかったのですが、資金繰りに困り利用しました。今回Hファクターさんと利用した理由は手数料の安さです。

他の会社は表示してる手数料よりはるかに高い手数料を契約段階で請求されトラブルになりかけました。

このため正直あまりファクタリングのイメージが良くなかったのですが取引先からHファクターさんを紹介されたのがきっかけで今回利用しました。

すぐに資金も調達でき、助かりました。ありがとうございます。

Hファクターのデメリットは?

Hファクターですが特にこれといったデメリットはないのですが、しいて挙げるなら医療報酬専門ということで一般のファクタリングは扱えないことです。

あくまで手数料が安いのは診療報酬債権を扱うからであって一般の売掛金ではHファクターの利用はできません。

診療報酬債権ならHファクターがやっぱりおすすめ

このようにHファクターは他のファクタリング会社にない魅力が多いです。

一般的な会社は利用できないもののもし診療報酬債権を取り扱う業種の方であればまずは最初に利用した会社ですね。

大手の病院や介護事業所の利用も多いものの、少額の債権も取り扱っていますので100万円以下の利用も可能です。

ファクタリングをする際はまずは検討すべき会社の一つといえますね。

ファクタリングというのは難しいイメージや、お金がない時に利用するイメージがあるのですが、そのような心配はありません。

またHファクターなどちゃんとした会社を利用することで手続きもスムーズに安心して利用できるのです。

資金繰りに困った場合、診療報酬債権は資金調達をするためにかなり使える債権といえますのでもし必要な場合はどんどん利用してみるのもいいでしょう。