1. TOP
  2. 未分類
  3. 銀行の信用格付けの上げ方とは?

銀行の信用格付けの上げ方とは?

 2018/06/28 未分類
この記事は約 3 分で読めます。 24 Views

資金繰りが厳しい!経営者ならだれでも一度は陥る悩みかと思いますが最近では様々な業種の方にもこの懸念が広がっています。

この資金繰りの方法としていくつかの資金を調達する方法があります。

今回この資金調達法について書いてみます。

銀行融資のメリットって何?

事業資金をなんとかしたいという場合まず誰でも思い浮かぶのが「銀行の融資」ですね。

銀行からお金を借りることですがやはり金利の安さがメリットと言えるでしょう。

銀行融資のメリットはやはり金利の安さです、年利数パーセント程度でお金が借りれるのでビジネスの拡大や様々な投資案件に活用できますね。

例えば消費者金融やクレジットカードなどは年利15~18パーセント程度の利息が必要です。

1000万円を仮にこの金利で借りた場合は年間に180万円の利息を払うことになります。

月々に換算すると毎月13万円ほどが消費者金融などのローンの

銀行の融資を一度でも申し込みしたことがある人ならわかると思いますが、銀行の融資はホントにめんどくさいものです。

さらに時間もかかり、今すぐ現金が必要という場合にはなかなかすぐには融資されません。

では銀行の融資はどうすれば受かるのでしょうか?

銀行の融資はどうやってその融資先がお金を残すかを見ているので決算書などを見られます。

また事業計画書などを税理士などとしっかり話合うことで格付けなども上がりやすくなるのでそういう部分でもしっかり「事業計画を見直す」ということが銀行の融資に受かるコツです。

銀行が融資を断る理由とは?

さて、最近では追加融資や新規で融資を長年取引してる銀行に持ち掛けると意外なほどあっさり断られることがあります。

私の知人の経営者の方も

「長年取引してる銀行に追加融資を行おうとするとあっさり断られた」「昔は銀行も取引を良くしていたのに後ろ足で砂をかけられたような裏切りだ」

という銀行に裏切られたという話をよく耳にするようになりました。

確かに銀行のこういう話はいつでもよく聞いていたのですが、特に最近はよく耳にするようになりました。

これの原因は実は銀行が金融庁からのお達しにより、審査を独自の判断でしづらくなったからです。

銀行をはじめとする金融機関が融資の判断をする際に基準となるのが、金融庁が出した「金融検査マニュアル」に従った企業の格付けです。
銀行はこの「金融検査マニュアル」に示された「債務者区分」や「信用格付」による厳格な査定を行い、それに基づいて融資の判断を行います。

つまりどんなに過去取引があったとしてもこの金融検査マニュアルにある債務者区分信用格付が一定の基準を満たさないと融資が出来なかったり、資金を回収しなければいけなくなるのです。

これはもう国としての決まりであり銀行マンもツライところではありますが、彼らもサラリーマンである以上仕方のないことなのです。

問題はこの信用格付けを上げる方法ですね。

\ SNSでシェアしよう! /

Hファクターのファクタリング利用者の口コミは?これだけは知って!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Hファクターのファクタリング利用者の口コミは?これだけは知って!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

beguuu

この人が書いた記事  記事一覧

  • 医療関係者の資金繰りにおすすめの資金調達法

  • ファクタリングは違法なの?

  • 信用格付けを上げるには?

  • 銀行の信用格付けの上げ方とは?

関連記事

  • 会社の代表者がブラックリストに載ったら融資は難しい?

  • 信用格付けを上げるには?

  • 医療関係者の資金繰りにおすすめの資金調達法

  • ファクタリングは違法なの?